オリジナルブレンド誕生。その名は陰陽師

June 24, 2017

ほんまに梅雨入ってんの?という素晴らしい天気もどっかいって、やっと梅雨らしい天気になりそうな京都です。

そんな中。とうとう千本丸太町店オリジナルの、ここでしか買えないブレンドが誕生しました。その名も

 

「陰陽師ブレンド」

 

なぜ「陰陽師」?

実は当店の場所に、平安時代に安倍晴明なども勤めていたと言われる、陰陽道を司る役所「陰陽寮」がありました。

 そこから名前を頂戴しました。

そして、もう一つの特徴が、使用しているコーヒー豆。

コロンビア産の豆をベースにブレンドしましたが、その豆を作っているのがなんと

 

FINCA KYOTO(キョート農園)

 

日本に留学経験のある農場主が名付けました。

コロンビア北部。サンタマルタ地区のシエラネバダ山地にあり、標高は900〜1,300m。

品種は主にティピカ種とカツーラ種を栽培。

90年代初頭から有機栽培を始めた先駆者で、JASオーガニック認証、レインフォレストアライアンス認証を取得しています。

DAABONグループ(日本語ウェブサイト)というコロンビアの食品企業の下にECOBIO社というコーヒー部門があり、そこが所有する農園の一つがキョート農園とのこと。

 

肝心の味ですが、酸味は抑え気味ですが香り高く上品な味わい。甘みもあって後味も柔らかく、京都をイメージしているだけあって、和菓子にも合いそうな印象です。

おすすめの焙煎の深さは、中煎りのハイローストからやや深めのフルシティロースト。

ハイローストでは口当たりがとても柔らかい感じ。煎り具合を深めにするにしたがって軽やかになる印象です。

 

普段使いに、贈り物に、京都土産に、おすすめの一品です。価格は100g=650円〜。

焙煎の深さによって色の違う、オリジナルシールを貼ってお渡しもできます!

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

今年もニシナ屋のコーヒー福袋!

December 2, 2018

1/10
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ