新豆情報② ニカラグア・ジャバニカ

昨日に続きまして新豆情報第二弾です。こちらも当店では初めての取り扱い。ニカラグアからのコーヒー豆「ジャバニカ マイクロロット」です。 ニカラグアは中米にあり、ホンジュラスとコスタリカに挟まれています。面積は北海道と九州を足したくらいで、人口は約608万人。 ジャバニカはもともとオランダがエチオピアからティピカロングベリーをインドネシアのジャワ島に持ち込み、栽培を始めたてジャバ種と呼ばれるようになりました。それを火山性の土壌と気候が似ているニカラグアで栽培し、日本に輸出する際に「ジャバ」とニカラグアの「ニカ」を合わせて「ジャバニカ」と名付けて出荷。その特有の香りと風味から、独自の種の「ジャバニカ種」と認められたそうです。 肝心のお味ですが、絹のような柔らかな口当たりとまろやかさ。完熟した果実のような甘みと香りが秀逸で、苦味はほとんど感じられません。 ニカラグアでもごく一部のコーヒー農園でしか生産しておらず、100%ジャバニカ種は希少。その中でも世界的に品質の高さを認められている、エルウィン・ミエリッヒ氏所有の農園で採れたジャバニカをお届けします。

駐車券サービス始めます

お車でお越しのお客様には駐車場がないことでご迷惑をお掛けしております。いつもは店頭に一時駐車していただいておりますが、この度三井のリパークの駐車サービス券を導入し、地図に示しておりますコインパーキングをご利用のお客様につきまして、 2,000円以上お買い上げで200円分の駐車サービス券をお渡しするサービスを始めました! もちろん、他にお車が停まっていないようでしたら、今まで通り店頭に一時駐車されても大丈夫ですが、車が擦られないか、自転車に乗った二人組の緑のおじさんや警察が来ないか、などなど気になる方で規定の金額以上は買うだろうという方はぜひご利用ください。 リパークに停めた旨をお伝えいただければ、100円券を2枚お渡しいたします。 ↑こちらがリパーク二条城北。空き状況などはこのリンクからご確認を。 ↑こちらがリパーク千本丸太町東。同じく空き状況などはこちらのリンクからご確認を。 どちらもお店から徒歩1分程度です。ぜひご利用ください。

手軽にエスプレッソ

お店のすぐそばにはゲストハウスがありまして、よく「ここでコーヒー買えるのか?」と外国の方が来られます。残念ながら売ってないのでいつもお断りしてるのですが。 先日そこに泊まっているドイツの人が、やはり「コーヒー飲める?」とご来店されまして断ったんですが、話をしてたら「電気なしでもエスプレッソができるの持ってるよ、あとで持ってこようか?」とのこと。 前から気になっていたし、実際にどうやって使うか見たことがなかったので、持ってきてもらうことにしました。 Handpresso(ハンドプレッソ)という器具ですが、雑貨店などで見たことのある方もおられるかもしれませんね。 まず極細挽きにしたコーヒーの粉をパウダーケースに入れて、軽くタンピング。 右に出っ張ったところがお湯を入れるタンクになってます。沸かしたお湯をタンクに入れて、パウダーケースをセットして蓋をする。お湯は約50cc入るそうです。 圧力計が緑のところに行くまでポンプをシュコシュコと押します。 スイッチを押すと、エスプレッソが抽出されます。 クレマ(細かい泡)も表面にしっかりと出ています。味もとても美味しくて、侮れない器具だと思いました。これ家でも旅行中でもアウトドアでも、本当に手軽にできそう。 自分でも欲しい … このハンドプレッソ、コーヒーの粉かカフェポッドと呼ばれるコーヒー粉の入ったパックのどちらでもエスプレッソを淹れることができます。 公式ウェブサイトもありますので、ご興味のある方はご覧になって見てください。買おうかな…

最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
  • ブラックInstagramのアイコン
  • ブラックFacebookのアイコン

​Copyright © 2017 Nishinaya coffee Roasters, Kyoto Sembonn-Marutamachi All Rights Reserved.

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now